文字サイズ: 小 中 大

千葉7区補欠選挙

text by

小泉龍司

2006.04.24

民主党の太田和美氏が勝利しました。「自民党が勝てば、地域格差が広がる」と訴えた太田候補。敵役を作っては、それを責めて、人気を維持してきた今の自民党執行部には、トータルな国のビジョン、特に格差問題への正確な認識と感度、対応策がないことを、有権者が少しずつ気づきはじめたと感じています。
毎日地元を歩いていてもそのことを肌で感じます。
真の国民の幸せは何かを詰めずに、ただ仮想敵を責める「改革」という曖昧なキャッチフレーズの賞味期限が切れたということ。それがこの選挙の政治的な意味だと思います。おっと…
私も同じ過ちを犯してはいけませんね。
国民と地元のみなさんの幸せを真っ直ぐに追求していきます。
誰かを責めても、そこからは決して、正確な議論、正しい結論は得られないと思いますから!
政治家として、感情的なものに、本来の問題や課題を転嫁することは、邪道であり、いわゆるポピュリズムへの道です。
ポピュリズムによって、最終的に利益を得るのは国民ではなく、権力者自身です。
私は、強い意思を持って、決してそのタブーを犯すことなく、真っ直ぐに行きます。
真のプロの政治家でありたいと思いますから…。