文字サイズ: 小 中 大

福田総理が行く道

text by

小泉龍司

2007.09.25

 福田康夫・元官房長官が自民党総裁に選出され、本日、首相に指名された。

 福田総理と突っ込んで話をしたことがある政治家は、さほど多くないようだ。周りから、福田総理についての人物評があまり聞かれない。私も、衆議院・予算委員会で、ご一緒したことがあるが、深い話をさせて頂く機会はなかった。

 どういう信念と個性をお持ちなのか?気にかかる。これは、あくまでマスコミ報道を通じての印象だが、第一に、非常に現実主義的な思考をされる方のように思う。また、わからないことは、わからないとおっしゃる。国民を煽るというようなことは、なさそうだ。これが「安定感」「脱劇場型政治」と言われゆえんであろう。

 第二に、政治的野心と言うか、権力欲もあまり感じない。かつて、麻生氏が小泉前総理に、『「郵政民営化」は、目的ではなく手段…自分に刃向かう議員をあぶり出すための、権力闘争の手段だったんですね?』と問いかけて、小泉総理がうなずいたという記事が新聞の社説に出ていたが、そういう権力闘争の臭いも感じない。不思議な感じだ。

 第三に、では福田総理は、政策であれ政治信条であれ、何を自らの核にして、国民に相対するのだろうか。総裁選挙に出馬した時の所見のスピーチを読んだが、内容が抽象的であり、福田総理にはめずらしく論理的な脈絡(つながり)も弱く、そこから何も、重要なメッセージを読み取ることはできなかった。まだすべてが「未知数」であると思う。

 政治的な立ち位置としては、経済政策の軸では、修正・新自由主義、政治思想の軸では保守主義が弱められていくであろう。それはわかるが、具体的な政策として、小泉・安倍政権と比べ、何が変わるのか?国民の目に、それがどう映るのか?

 すべては、民主党・小沢党首との論戦の中で、はじめて明らかになっていくであろう。ただ、確証はないが、自民党には、リスクを冒す「攻め」のリーダーではなく、リスクの幅が小さい「守り」のリーダーを選びたい、という意識が働いたのではないか。とりあえずは守りを固め、さてその上で、自民党はどこへ向かおうとするのであろうか?「守る」だけでは、参議院選挙で示された「民意」「地方の反乱」に応えたことにはならない。私だけではない、多くの国民がそこを注視している。