文字サイズ: 小 中 大

福田総理、突然の辞任に思う

text by

小泉龍司

2008.09.03

 内閣改造を行い、総合経済対策を決定し、国会の召集日と会期を決め、まもなく臨時国会が開会される運びとなった矢先の、福田総理の突然の辞任であった。臨時国会における国会運営が大変難しくなると予想されるため、新たな体制で臨時国会に臨むことが国民に迷惑をかけずに済む方策であると判断したというのが、福田総理の辞任の理由である。
 端的に言えば、臨時国会中に野党の攻勢により、また自民党内部の「福田おろし」の動きにより、辞任を余儀なくされることが予想される、と福田総理が判断していたということであり、その場合、臨時国会中に辞任することになれば、国民に迷惑をかけると考えた末での辞任であった。これが福田総理の考え方であり、論理である。

 しかしながら、国民の感情や目線からは、大きな違和感があり、「無責任である」との批判が広がっている。国民は、自らの仕事がいかに困難であっても、また生活がいかに厳しいものであっても、そこから逃げることはできない。それが多くの国民の毎日の実感であり、そこで踏ん張り、頑張っている。
 国の最高責任者が逃げ出すことができ、国民は逃げ出すことができない。
 その大きな矛盾を政治が露呈したということである。政治がいかに国民生活から離れたものになってしまっているか、ということをこれほど如実に表す出来事はない。

 また、政党政治のあり方としても問題がある。一年前、各派閥がなだれをうって支持し、選出した福田総理総裁を最後まで支えることができず、「総選挙の前に早く交代を」という声が公然と出されていた。自民党にとって、総理総裁は選挙に勝つための「手段」になってしまっており、さらに言えば、個々の議員にとって自らが生き残るための「手段」になってしまっている。国民にとっての総理ではなく、自民党のための総理である。
 辞任会見において、疲労感をにじませる福田総理の姿に、政党に使い捨てにされた政治家の哀れさを感じた、という表現は言いすぎであろうか。いつしか政治が国民のためのものではなく、政党のためのものになってしまっているのではないか。

 「政党とは何か?」「政党は何のためにあるのか?」
 「政党政治」と大上段に構えられると誰しも思考を止めてしまうが、今日のわが国の閉塞状況を打ち破るためには、この基本問題を突き詰めて考え、答えを得ることがどうしても必要なのではないか。