文字サイズ: 小 中 大

新年のご挨拶

text by

小泉龍司

2009.01.01

 2009年の新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。
 昨年は、私のホームページにお越し頂き、誠にありがとうございました。また大勢の皆様に励まし、支えて頂き、心より感謝申し上げます。本年も、どうかよろしくお願い申し上げます。

 リーマン・ブラザーズの破綻に端を発する国際的金融危機は、予想をはるかに上回るスピードと大きさで、実体経済を直撃し、世界同時不況の大波が各国の経済を飲み込もうとしています。特にわが国においては、非正規雇用が雇用者全体の3分の1を超えるところまで、労働市場の構造が歪められてきており、その中で真っ先に、非正規雇用という最も弱い立場の方々を不況の波が直撃しています。こうした脆弱な労働市場の構造が作られてきたことに加え、医療、年金、介護、生活保護など、国民生活を守るべき「セーフティネット」が軽視されてきたため、地域医療の崩壊など、その綻びは深刻であり、経済危機に対して、国民は全く無防備な状態に置かれています。
 小泉政権下の「構造改革」が生み出したものは、まさにこうした脆弱で歪んだ雇用・生活の「構造」でありました。
 この危機を乗り越えていくために、今、政治は何をなすべきか?
 何よりもまず、国のあり方についての「基本方針の変更」を、国民に対して明確に示すことが求められていると、私は考えます。
 目先の景気対策をいくら重ねても、国の先行きについての「基本方針」を示さねば、国民全体を覆う不安感を拭い去ることは、決してできません。
 そして、どのような景気対策を打とうとも、将来への不安がある限り、政府から支出されるお金は、渇いた砂漠に降るにわか雨のように砂の中に吸い込まれ、その水が大地を流れ、田畑を潤すことはありません。
 経済と生活の深刻な危機を乗り越え、我が国が生き延びていくためには、「考える」に同時掲載しましたように、「日本型の共に生きる社会」を目指し、競争の中で分断された国民に、再び共に支え合い生きていく道を政治が明確に示す以外に、突破口はないと思います。
 今年は、その「新しい道」へのスタートを切るべき年です。間近に迫った衆議院総選挙は、まさにそのことを有権者の方々に問う選挙になります。
 そして、苦境の中にある多くの国民を救うには、この「新しい道」への国民の皆様の「合意と賛同」がどうしても必要です。
 皆様方のご理解とご支援を切にお願い申し上げる次第です。
 決戦の年を迎え、新たなる決意を固め、戦いを挑んで参ります。
 どうか、本年も変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。